子供の頃にLINEで学んだ友達付き合い

子供の頃にLINEで学んだ友達付き合い

トークアプリ

20代女性からの投稿

 

私はガラケーからスマホに丁度移り変る時代に学生だった世代の者です。

 

いわゆる「スマートフォン」が日本で広がり始めたのが中学2年生の時。私たちの世代は中学に上がると同時に携帯を持つ子がほとんどでした。そのため、スマホが出始めたころには、周りでスマホを使っている同級生はほとんどいなかったものです。その頃の学生の携帯買い換えのタイミングは卒業などの生活の変わり目。新生活のタイミングで携帯ごと買い換える人が多くいたのを覚えています。

 

中学3年の春頃からでしょうか。学校でトークアプリ「LINE」が流行り始めました。その頃にはスマホに買い換える人もちらほら出てきて、(本当は校則違反ですが)両親に頼み込んで新型のiPhoneを学校で見せびらかす子も居たのを覚えています。

 

スマホに変えた子達から次々とクラスのグループラインに加入していく。放課後や週末にライングループで会話した内容で次の日のクラスは話題持ちきりでした。今思えば、そんなこと何も気にしなくていいのに、その頃の私はまだガラケーだったのでなんとなく疎外感があり、少し学校が憂鬱に感じることもありました。

なんとしてでもLINEのグループに入りたい!

LINEに熱中

ガラケーでもLINEをする方法はありました。ガラケーのブラウザからラインを検索してログインするのです、そうすれば通知こそきませんがみんなとの会話に参加できる!ガラケー所持者の間でそのことが一気に広まり、クラスのライングループは8割程度の子が入っていたかなと思います。

 

ただ、覚えていますか?今でこそパケット込み込みプランが主流ですが、ガラケーの時はパケット通信料は別料金でしたよね。私は自分がパケット使い放題プランなどには加入していないことをすっかり忘れて放課後はガラケーの画面からラインに張り付いていたのです。次の月の通信料がものすごいことになり、私はスマホを持つまでラインは禁止になってしまいました。

LINEに夢中になり過ぎて...

女友達

中学も卒業間近になり、私は両親に「卒業前にスマホにしてみんなとラインの連絡先を交換したい!」と何日にも渡り頼み込んでスマホを買ってもらいました。同じ考えの同級生がたくさんいたようで、卒業式の日にはほとんどの子がスマホを持っていました。卒業式でみんなと写真を撮り、連絡先を交換して、打ち上げをして帰りました。

 

その日は仲の良かった6人でお泊まりをする予定があり、友達の家に向かいました。その6人のうち私を含め5人は既にスマホを持っており、ラインで時間などをやり取り、スマホのない子には個別でメールをして夕食時に全員が集まりました。みんなで焼肉をして、友達の部屋で中学の思い出などを語らいます。ピコンとクラスのライングループの通知が鳴ると、5人はバッとスマホを見て各々返信をしたり、画像を送ったり、少し無言の時間が流れました。

 

今思えばそんなに急いで返信する必要もなかったし、一人だけスマホを持っていないことを考慮してもう少し気を使うべきだったなと反省していますが、その時は私を含めみんながスマホを持ちたて、ラインができることも、こんな簡単に大人数でやり取りができることも新鮮で仕方なかったのです。

 

スマホを持っていない友達はそっちのけでラインをし、ラインでの話題を実際に5人でも話してしまいました。するとスマホを持っていない友達が少しずつ機嫌を損ねていってしまったのです。私達もまだまだ子供でしたから、なぜその子が機嫌を損ねてしまったのかすぐにはわかりませんでした。しまいには、その子は「私もスマホが欲しい。何を話しているのか知りたい」と泣き出してしまいました、私達も流石に慌ててスマホを放り出し、その子を慰めて、その後は夜通しトランプなどをして過ごしました。

目の前にいる相手を尊重する姿勢は大切

会話をする

次の日、別れ際にもう一度彼女に謝ると「全然気にしてないよ。大丈夫」と笑顔で言ってくれたので安心しました。後日その子からスマホを買ったからラインを交換しようと連絡があり、これからも仲良くしてくれるんだと嬉しかったのを覚えています。

 

しかし、それから10年近く経った今、お泊まりをしたメンバーは、あの時スマホを持っていた5人でつるんでいます。卒業式の夜の後も数回6人で遊びましたが、気づけば彼女は私達と少しずつ遊ばなくなっていきました。

 

私達が遊ばなくなった理由は、もちろんスマホ騒動が全てではないと思っています。ですが、あの時6人全員がスマホを持っていたら、もしくは、全員がまだガラケーの状態だったら、今でも6人で遊べていたのだろうかと思うことが今でもたまにあります。

 

スマホはとても便利で、今となっては持っていないと生活に困るほどに浸透しています。支払いや家計管理、メモ、全てをスマホ一台でできるようになりました。
それでも、中学の時のことを忘れずに、友達と会う時はできるだけスマホを触らないようにしています。スマホに頼りすぎない、スマホを使わなくても楽しめる時間を作ることが、友人関係を続けるのに必要なんじゃないかなと思っています。


このページの先頭へ戻る